進路を決める|音楽専門学校を選ぶときのコツを徹底解説

女性

総合的な音楽性を高める

女性

実践の場が多い

武蔵野音楽大学は、数ある音楽大学の中でも歴史が長く、受験においては最も競争率の高い音楽大学の一つです。音楽を深く追求すること、そして人間形成を育むことを基本に掲げたカリキュラムが組まれています。器楽学科や声楽学科、ヴィルトゥオーソ学科などがあります。また作曲学科や音楽学学科、音楽教育学科、音楽環境運営学科の7つの学科があり、専攻する学科の実技だけではなく、音楽史や音楽論など、基礎となる知識を充実させ、総合的な音楽力を高める教育がなされています。武蔵野音楽大学のカリキュラムの最も魅力的な部分は、専攻する実技の発表の機会が多く設けられていることです。コンサートやオーディション、公開研究発表会などがその代表でしょう。さらにインターンシップや課外学習など、芸術的想像力や表現力を磨く実践を繰り返すことにより、経験値を積み真の実力をつけられます。また、武蔵野音楽大学では、学科を変更することも許容されているため、進路の変更もスムーズに行えます。人間形成を育むことにおいては、判断力やコミュニケーション能力を高めるため、教養科目や外国語科目も設けられており、音楽だけでなく、人間性を高める教育が行われています。武蔵野音楽大学の実技の審査は、複数の審査員によって選考され、公平性が高く、より厳格な生成期評価が行われているのも特徴です。このように、音楽性と人間性を共に向上させるカリキュラムが行われており、音楽を志す人の多くが、武蔵野音楽大学を目指しています。